西暦1998年12月

西暦1998年12月に、総理府(当時)の外局として国務大臣をその委員長に据える機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に約2年7か月位置づけられたのだ。
Y2Kともいわれた2000年7月、旧大蔵省より金融制度の企画立案の事務を統合したうえで平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として再編。さらには2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、金融庁内閣府直属の外局となった。
このように「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、代表的な機能を銀行の3大機能と呼び、銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」さらにはその銀行の信用によって機能できると考えられる。
よく聞くコトバ、外貨MMFとは?⇒国内において売買してもよい外貨建て商品の名称である。外貨預金よりも利回りが高いうえ、為替変動による利益も非課税なんていう魅力がある。証券会社で購入可能。
重い言葉「銀行の経営なんてものは銀行自身に信頼があってうまくいく、もしくは融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと判定されて繁栄できなくなる、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
約40年前に設立された預金保険機構預金保護のための現在の補償額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"と規定されている。、日本銀行及び日本銀行さらに民間金融機関全体が3分の1程度ずつ
このため我が国の金融・資本市場での競争力を高める為に進められた規制緩和のほか、金融制度の更なる質的向上の実現を目指す取組や業務を積極的に促進する等、市場環境や規制環境に関する整備がすでに進められていることを知っておきたい。
平成10年6月に、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく新しい外局として金融監督庁というこれまでになかった組織を設けたのです。
いわゆる外貨MMF⇒国内でも売買することができる貴重な外貨商品の名前。外貨預金の内容と比較して利回りがずいぶん高いうえ、為替変動の利益が非課税なんていう魅力がある。証券会社で購入しよう。
きちんと知っておきたい用語。金融機関のランク付けっていうのは、信用格付業者が金融機関、さらには金融商品または企業・政府に関する、支払能力などを一定の基準に基づいてできるだけ公平に評価するのだ。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金⇒銀行が取り扱う外貨建ての資金運用商品を指し、日本円以外で預金する商品の名前です。為替変動によって利益を得られるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
麻生総理が誕生した2008年9月に大事件。アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したのだ。この出来事が全世界を巻き込んだ金融危機の原因になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ばれたという現実。
ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が新たな金融商品としてファンドを開発し、なおかつ適正に運営するためには、目がくらむようなたくさんの、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が法律等により決められていることを知っておきたい。
いわゆる外貨MMFとは何か?日本国内であっても売買できる数少ない外貨建て商品の一つ。外貨預金と内容を比べると利回りがずいぶんよく、為替の変動によって発生した利益が非課税であるという魅力がある。さっそく証券会社で購入しよう。
確認しておきたい。外貨預金の内容⇒銀行が扱っている外貨建ての資金運用商品の一つの名称。米ドルなど外国通貨で預金する商品の事。為替変動による利益を得る可能性が高い反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。

広告を非表示にする